ほーちゃんの趣味手帖

主にゲームについて語ります。二次創作あり。苦手な方はご注意ください

【遙か2】バレンタインSS~泉水編~

プロローグをお読みでない方は、先にこちら(【遙か2】バレンタインSS~花梨編~ - ほーちゃんの趣味手帖)をご覧ください。

 

 

「ありがとうございます。一生の宝物にいたします」
 薄墨色の包みに頬を寄せ、一言一言噛みしめるようにして、泉水は言った。
 花梨は慌てた。
「あのですね、食べ物なので、なるべく早く食べちゃってくださいね」
 そういたしますと神妙に頷き、再び、桜色に染まった頬を包みに寄せる。とりあえず、喜んでもらえたみたいかな。ざわざわしていた花梨の心は、安堵と同時に落ち着いて、いつもの和やかな時間が戻ってきた。
「今日は、これからどうしましょう」
「花梨さんのお好きな場所にお供いたします」
 間髪を入れない泉水の答えに、花梨は照れ笑いした。
「いつもそれなんだもの。そろそろ、好きな場所が尽きてきちゃいました」
 たまには、泉水さんの好きな場所に行きたいな。上目遣いに花梨が言うと、泉水はまた頬を染め、それからおずおずと切り出した。
「その、できることなら――こちらの世界の管楽を、一度、きちんと聴いてみとうございます」
 途端に、花梨の心は、ぱあっと興奮で高揚した。
 真夜中の電話。毎週のデート。こちらの世界に来てからの二人の関係は、花梨が望み、泉水がそれに従うという形で成り立ってきた。慣れない働き口でコツコツと貯めた金を、すべて花梨との時間に散らし、そのために自分の生活が立ち行かなくなったとしても、常に幸福そうな顔をしている恋人。
 その彼が、私に、わがままを言っている!
 大急ぎで、花梨は今月のお小遣いの残りを計算した。ちゃんとしたコンサートなんて、今まで一度も行ったことはないけれど、きっとお金がかかるに違いない。今から地道に節約したとして、泉水さんを連れて行けるのはいつになるだろう?
 いや、それよりも早いのはCDだ。レンタルという手もあるけど、ここはやっぱりプレゼントがいいな。あ、でも泉水さんの家にはオーディオがない――
 私の部屋にはある!
 花梨は、手を打ち鳴らしたい気持ちになった。
「あの、花梨さん、そんなに難しくお考えにならないでください。単なる私のわがままですから、どうか」
「泉水さん、今からCDショップに行きましょう! バレンタインデートです」
「は、はい!」
 勢いに押されて答えた泉水の手を、花梨が掴んで歩き出す。あっと小さく泉水が声を上げても、気づかない。
 大事な人の手をしっかりと握りしめて、恋人たちで華やぐ商店街をずんずん進んで行く花梨は、このとき、自分のために尽くす泉水の幸福を、初めて理解したのだった。

 

 

バレンタインネタが、約五行で終わった衝撃。

ちょっと独りよがり花梨ちゃんにしすぎたかな……と反省しつつ、どうしてもお部屋デートしたい花梨とか可愛すぎると思います(自分で言う)

 

 

〈バレンタインSSシリーズ〉 他の八葉ともバレンタインを過ごしてみてね!

【遙か2】バレンタインSS~頼忠編~ - ほーちゃんの趣味手帖

【遙か2】バレンタインSS~勝真編~ - ほーちゃんの趣味手帖

【遙か2】バレンタインSS~イサト編~ - ほーちゃんの趣味手帖

【遙か2】バレンタインSS~彰紋編~ - ほーちゃんの趣味手帖

【遙か2】バレンタインSS~幸鷹編~ - ほーちゃんの趣味手帖

【遙か2】バレンタインSS~翡翠編~ - ほーちゃんの趣味手帖

【遙か2】バレンタインSS~泰継編~ - ほーちゃんの趣味手帖